プレーンテキストを使用した対策キーワードの入れ方

SEOを実施する上で最も理想的な対策キーワードの挿入方法

現在のテキストマッチ対策において、最も基本的な対策はWebページの中に対策キーワードを挿入し、出現頻度を強化することです。その方法として代表的な施策はプレーンテキストとALT属性があります。まず最初にこの2つを意識してください。軽視できないプレーンテキストプレーンテキストとはソースに直接書き込んであるテキスト情報です。テキストといえば、HTMLはすべてがテキストですが、ここでいうプレーンテキストとはタグに含まれない部分を指します。プレーンテキスト〈タグ属性="値"〉プレーンテキスト〈/タグ〉プレーンテキストしたがって、タグとは異なる部分が重要になるということです。

これは本質的に、「コンテンツの質が重要」ということでもあります。次の項目で「ALT属性」という説明をしますが、現在、Yahoo!がALT属性を検索対象にしなくなった状況から考えると、ますますプレーンテキストによる対策キーワードの挿入が理想的です。対策方法としては、プレーンテキストで構成されている文章に対策キーワードを追加できる余地はないか、現行の画像をプレーンテキスト(テキスト情報に)に置き換えることはできないか、などのように、現在書き込まれているテキスト情報をじっくり見直していきます。

なお、画像をプレーンテキストに置き換える方法については、この次の項目で説明します。画像の代わりに言葉で説明するALT属性Webサイトの制作に「画像」「ロゴ」「イラスト」は欠かせない素材です。商品画像の掲載は商品イメージをユーザーに的確に伝えますし、さらにロゴやイラストを効果的に利用すればユーザーの印象に残るWebサイトにります。
検索順位に注目しすぎて最近お疲れ気味です。順位の変動にいてもたってもいられません。ロングテールSEO対策は、やっぱりプロの方お任せするのが一番ですね!
安心で安全なアダルトSEO対策は、HP運営をしているものにとっては切実です。グーグルやYahooでしっかりと上位に表示させることで、安定したサイト作りが可能になります。


詳しくは次に説明しますが、先ほどの記述例に当てはめると次のように書きます。さて、KEYWORDSプロパティはSEOとして若干の効果が期待できますが、DESCRIPTIONプロパティはSEOの直接の効果はありません(詳細は後述します)。KEYWORDSは検索エンジンが検索ユーザーのクエリに対して適合度を判断する際のフラグとして活用されるほか、対策キーワードを設定していることで若干の効果が期待できます。

DESCRIPTIONプロパティは対策キーワードを挿入してもSEOの効果はゼロですが、「検索結果のクリック率を向上させる」という重要な効果が期待できます。検索結果を表示する際に、DESCRIPTIONプロパティで記述された説明が画面上に表示されるのです。

最新情報
2013/09/10 おすすめ記事を更新しました。
2013/09/06 新着記事を更新しました。
2013/09/05 記述スタイルを更新しました。
2013/09/02 軽視されがちを更新しました。
2013/08/31 SEO上は必須を更新しました。
2013/08/29 画像を指定するを更新しました。
2013/08/28 SEOを実施する上で最も理想的な対策キーワードの挿入方法を更新しました。
2013/08/25 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
SEO対策、その前に確認を | dm-s.co.jpSEO対策 名古屋 オールワンあなたも出来るSEO対策
SEOコンサルティング(3D-SEO)お客様のビジネスゴール達成に向けて検索エンジン最適化を支援する紹介。オールワンは、被リンク対策ツールなどを使わずに、全て手作業で行うSEO対策サービスをご提供します。SEO対策無料相談、無料お見積り、無料SEO診断できるサイトです。メール24時間対応できます。